So-net無料ブログ作成

真実から目をそらす情報操作 ~映画「フェア・ゲーム」

 少し前の映画ですが「フェア・ゲーム」(製作2010年)をDVDで観ました。イラク戦争の「大義」とされたイラクの大量破壊兵器=核兵器開発の情報への疑惑(核開発計画はなかったこと)をイラク戦争開戦前に調査して明らかにしていたCIA秘密諜報員のヴァレリー・プレイム・ウィルソン(ナオミ・ワッツ)とその夫で元大使のジョー・ウィルソン(ショーン・ペン)が、ホワイトハウスの不正とたたかいます。
 これは実際にアメリカをゆるがした“プレイム事件”を映画化したものです。ヴァレリーには2人の幼い子どもがあり、CIAエージェントとしての激務をかかえながらも、夫の協力を得て家庭を大切にして生活していました。しかし、2003年3月にイラク戦争が始まり、イラクの核開発についての情報がねつ造されたことをジョーがニューヨークタイムズ紙に投稿すると、その妻であるヴァレリーがCIA秘密諜報員であることを暴露されるといった合衆国政府からの報復を受け、見知らぬ人からの脅迫電話などによって平穏な家庭生活を壊されていきます。ホワイトハウスは誤った核開発情報によってイラク戦争をミスリードし、その疑惑から国民の目をそらすために、ヴァレリーをマスコミの餌食にしたのです。
フェアゲーム.jpg
 アメリカの国家権力の中枢による不正を告発し、それとたたかったヴァレリーとジョーの苦闘を描いた作品がこのように映画化されたことに私は驚き、ダグ・リーマン監督とスタッフに尊敬の念を抱きました。
 DVDには、特典映像のなかにインタビューがあり、ナオミ・ワッツとダグ・リーマン監督の次に、「ヴァレリー・プレイム×ジョー・ウィルソン」が収録されており、真実を曲げずにたたかった2人の想いが語られています。
ValeriePlameWilson.jpg
nice!(49)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 49

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

メッセージを送る