So-net無料ブログ作成
検索選択

ベトナム戦争とアレン・ネルソンと9条

 今日、DVD「9条を抱きしめて ~元海兵隊員 アレン・ネルソンが語る戦争と平和」を観ました。企画・制作は、アレン・ネルソン平和プロジェクトです。(2013年、50分)
 いま、安倍政権は「集団的自衛権の行使容認」という、憲法よりも軍事同盟を優先する国政の大転換を行おうとしています。「戦争中毒」と呼ばれるアメリカの軍需産業依存国家の実態を知れば、憲法9条を持つ国の国民として到底容認することはできません。
 アレン・ネルソンさん(2009年3月没・享年61歳)は、1966年に海兵隊員としてベトナム戦争の最前線に派遣され、非人間的な体験に心を蝕まれ、帰還した後は重いPTSD(心的外傷ストレス障害)に苦しみ、治療に18年の歳月を要しました。そんなネルソンさんは、学校で子どもたちに戦争体験を話し、自らの罪を認めることで立ち直りのきっかけを得ます。そして日本で1996年から13年間で1,200回を超える講演活動を行ってきました。DVD「9条を抱きしめて」は、アレン・ネルソンさんの戦争体験と講演活動、憲法9条への思いを収録したドキュメンタリーです。戦争を知らない世代に戦争の本当の恐ろしさを知っていただくためにぜひ観ていただきたいと思い、紹介します。
005.jpg007.jpg
010.jpg
011.jpg
012.jpg

■過去3ヶ月間でアクセス数の多い記事ベスト3
 1位: メルトダウン 放射能“大量放出”の真相
 2位: 原発と東日本大震災と放射能汚染
 3位: 真実から目をそらす情報操作 ~映画「フェア・ゲーム」

nice!(56)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 56

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

メッセージを送る