So-net無料ブログ作成

イスラエル政府はガザ地区への軍事攻撃を即時停止せよ

【7月20日 AFP】パレスチナ自治政府のユセフ・アブ・リシ(Yussef Abu Rish)保健副大臣は20日、ガザ市(Gaza City)内の病院で記者団に対し、イスラエルがガザ地区(Gaza Strip)への本格的な攻撃を開始した今月8日以降のパレスチナ側の死傷者は、死者が410人、負傷者が少なくとも3020人になったと語った。
救助隊員らによると、20日の犠牲者が特に多かったのはガザ市とイスラエル国境の間にあるシェジャイヤ(Shejaiya)という場所で、前夜からの極めて激しい攻撃で50人以上が死亡したという。(c)AFP

 7月8日に始まったイスラエル軍によるガザへの軍事攻撃により、女性・子どもを含む多数の死傷者が出ています。日本国際ボランティアセンター(JVC)をはじめとする11の国際協力NGO団体は、武力攻撃を即刻停止するよう求める要請文を7月15日に発表しました。(ヒューマンライツナウ、アムネスティ・インターナショナル日本、日本国際ボランティアセンターなど)
 そして、今日7月21日18時30分から東京・明治公園で「7.21 NGO緊急集会とキャンドル・アクション STOP!空爆~ガザの命を守りたい~」が行われます。私も参加しようと思っています。人権に国境はありません。かけがえのない命を守るために、武力によらない紛争の解決を求めて、声を上げ、行動していきましょう。
********************************************************************
「STOP!空爆 ガザの命を守りたい キャンドルアクション」に参加しました。急な呼びかけにも関わらず500人以上が集まり、キャンドルでGAZAの人文字を灯しました。一刻も早くガザへの攻撃が止まるようにとキャンドルに思いを込めて。(JVCのツイッターから写真を転載させていただきました)
BtEIcOdCQAA17jU[1].jpg
◆下の写真は、DAYS JAPAN 5月号掲載の「ガザに生きる子どもたち」アリ・ヌールディーンの記事です。彼は、1985年パレスチナ・ガザ地区生まれのフォトジャーナリストで、「まだ駆け出しの17歳のころ、イスラエル軍がガザ地区北部に侵攻するのを撮影し、多くの血が流されるのを目撃しました。子どもたちは泣き叫び、男も女もすすり泣いていました。そんな体験はまったく初めてでした。それは、消し去ることのできない記憶となって胸に刻み込まれました‥‥。ガザは私の故郷なのです」とその想いを綴っています。
Daysjapan201405.jpg
nice!(51)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 51

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

メッセージを送る