So-net無料ブログ作成
検索選択

自衛隊を米海兵隊(殴り込み部隊)の補完部隊にするな!

 昨日のしんぶん赤旗は、 1000人規模の自衛隊が米海兵隊などと米カリフォルニア州で行っていた日米共同訓練(6月10日~26日)の実態が、「島しょ防衛」とはかけ離れたものであることを報じました。
 自衛隊をアメリカ軍の補完部隊にするための共同訓練を黙って見過ごすことはできません。自民党がもくろむ憲法「改正」が、アメリカ軍とともに海外で戦争を行うことを合憲化するためのものであることは、今回の共同訓練を見ても明らかです。自衛隊と米軍の一体化に反対し、憲法改悪を許さない国民の声を、7月の参議院選挙で大きく上げていきたいものです。
******************************************************************
【「しんぶん赤旗」2013.6.29】
米沖の日米上陸訓練
  「離島奪還」 名ばかり
    自衛隊 海外“殴り込み”を補完

 1000人規模の自衛隊が米海兵隊などと米カリフォルニア州で行っていた日米共同訓練(6月10日~26日)―。同州沖にあるサンクレメンテ島での上陸訓練(17日)を、日本のメディアは尖閣諸島を念頭に置いた「離島奪還訓練」と報じました。自衛隊も今回の訓練の目的を「島しょ侵攻対処」のためとしてきました。ところが、その実態は…。 (榎本好孝)

海外遠征の訓練
 現地からの報道などによると、17日の上陸訓練は、敵が占拠する空港の制圧というシナリオに基づき、次のように行われました。
【米軍の動き】
 強襲揚陸艦ボクサーから垂直離着陸機MV22オスプレイが発進。ステルス性能を持った最新ドック型輸送揚陸艦ニュー・オーリンズで第13海兵遠征隊(13MEU)の歩兵中隊を乗せ、攻撃目標の空港近くに着陸。オスプレイから海兵隊員らが飛び出し、敵役の兵士と模擬の銃撃戦を行って空港を制圧。
【自衛隊の動き】
 その後、CH47輸送ヘリから降り立った陸上自衛隊員が海兵隊と合流し、空港の確保を引き継ぎ。大型輸送艦「しもきた」からエアクッション型上陸用舟艇(LCAC)が発進し、補給物資を積んだ車両を陸揚げ。
  ◇
 空港制圧作戦は、米海兵隊の中でも真っ先に紛争地に出撃する最精鋭部隊・海兵遠征隊の基本任務です。後続部隊受け入れのため、空港や港湾など軍事拠点の確保が必須だからです。
 今回の訓練は、参加した13MEUにとって、8月からの西太平洋地域への前方展開に向けた認証訓練も兼ねていました。自衛隊は海兵隊の侵略力を高める訓練を補完していたのです。「離島奪還」とは名ばかりです。

進む侵略部隊化
 防衛省は現在、「島しょ防衛」のためと称してオスプレイや水陸両用車の導入を検討。自民党は海から上陸作戦を行う「水陸両用部隊」の創設を提言しています。
 しかし、尖閣防衛に海兵隊は役立つのかという疑問が専門家からも上がっています。尖閣諸島には水陸両用車が上陸する海岸も、オスプレイが着陸する場所もないからです。
 今、「島しょ防衛」の名で進められているのは、米軍の海外“殴り込み”を補完する自衛隊の侵略部隊化です。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-06-29/2013062901_04_1.html

国民平和大行進への稲嶺名護市長からのメッセージ

 2013年原水爆禁止国民平和大行進の沖縄-長崎コースが、6月16日、名護市辺野古海岸を出発しました。「平和行進活動交流ニュース」でそのことを知りました。
 沖縄には、住宅密集地の中心部に滑走路をもち、住民にとって非常に危険な米軍普天間基地があり、基地の早期無条件撤去が求められていますが、日米両政府は、ジュゴンが棲む美しい海に続く辺野古に新たな基地を造ることを強引に推し進めようとしています。オスプレイの配備と飛行訓練も、沖縄県民の強い反対をよそに強行されました。
 毎年世界から多くのNGOや政府の代表が参加する原水爆禁止世界大会に向けて行われる国民平和大行進の沖縄-長崎コースが、辺野古海岸から出発したことは、米軍基地撤去と核兵器廃絶の世論をさらに大きく広げていく力になると私は思いました。名護市の稲嶺市長から寄せられたメッセージでも、そのことを意義深く感じていると述べています。
**************************************************************************************************
平和行進ニュース6-18.jpg

続きを読む


生活保護制度の改悪に反対

 国会では、生活保護の申請をはねつけ、利用者を追い出す生活保護法改悪案と生活困窮者自立支援法案が今月4日の衆院本会議で、自民、公明、民主、維新、みんなの各党に加え、生活の党も賛成に回り、賛成多数で可決し参院に送られました。日本共産党、社民党は反対しました。国民の命を脅かす悪法に自民・公明はじめ野党4党も加担する異常事態です。衆院の審議はわずか2日、本会議採決では討論さえ行われませんでした。
 生活保護を申請する際、これまで口頭でも申請できたのに、改悪案では、書類提出を義務付け、窓口で申請をはねつけることを可能にします。扶養義務者に対する調査権限を強化し、保護開始の要件ではない扶養義務の履行を強いることで申請を抑える内容になっています。
 貧困と格差の拡大が続くなかで、各地で餓死や孤独死が絶えません。人間が人間らしく生き、そして人生をまっとうできるように、社会保障を充実させなければいけません。巨額の内部留保をため込んでいる大企業には減税し、庶民には消費税増税、そして生活保護の切り捨て。参議院選挙で、国民のいのちとくらしを守る政治への転換をはかりたいものです。

続きを読む


タグ:生活保護

6・2 NO NUKES DAY 全国から押しよせた反原発の大行動

今日は、東京・明治公園で開かれた「原発ゼロをめざす中央集会」と「0602反原発☆国会大包囲」行動に参加しました。朝の天気予報では、一日曇りだったのですが、昼前から晴れて日差しが強くなり、腕が真っ赤に日焼けしてしまいました。原発をなくす全国連絡会主催の明治公園での集会には、全国から1万8000人が集まり、いまだに放射能放出と内部被曝の危険にさらされ続けている福島県と東日本の実態が告発され、玄海原差し止め発訴訟伊方原発をとめまっしょい☆若者連合、柏崎刈羽原発再稼働反対、島根原発・エネルギー問題連絡会の活動が報告されました。
集会後3コースに分かれてデモ行進。その後は、国会前に移動して、首都圏反原発連合主催の国会大包囲行動に参加。「さようなら原発1000万署名」市民の会主催の「6・2つながろうフクシマ!さようなら原発集会」の参加者も合流して、大デモンストレーションを繰り広げました。
DSC00954.jpg

DSC00969.jpg

DSC00967.jpg

DSC00913.jpg

メッセージを送る