So-net無料ブログ作成

イスラエルはガザ地区への無差別攻撃を止めよ

 「イスラエルがガザ地区への本格的な攻撃を始めた7月8日以降、パレスチナ人の死者は少なくとも1900人、イスラエル側は67人(ほとんどが兵士)となっている。国連(UN)はパレスチナ人死者の少なくとも1354人が民間人で、子供は447人としている」 2014年 08月10日、AFPBB News は報じました。
 圧倒的な軍事力を持つイスラエル軍が、罪のないガザの市民を虐殺しています。何故、イスラエルはこんなにひどいことをするのでしょうか。
 2008年12月~2009年1月のガザ紛争時に、「イスラエルによるガザへの攻撃の中止を求める緊急アピール」(2009年 1月4日、世界平和アピール七人委員会=委員: 武者小路公秀、土山秀夫、大石芳野、井上ひさし、池田香代子、小沼通二、池内了)に示された平和的解決への努力が行われなかった結果、イスラエルの無法な戦争を許してしまっているのです。それは、「国連と各国政府が、ガザ地区における市民の窮状を深刻に受け止め、現在の惨状に対し、無条件での停戦を求め、事態の解決に向けてただちに人道的立場に立った紛争解決の仲介の労をとることを求めます。国連をはじめとする国際社会は、これまでもガザ地区における市民生活の支援に努めてきました。このたびの人道危機については、国連人道問題調整事務所や市民団体などが重大な関心を寄せています。私たちは、国連と各国政府に、目下の壊滅的な市民生活への支援をいっそう強化することを求めます。」
 イスラエルによるパレスチナへの無差別攻撃を止めさせることが平和的解決への第一歩です。パレスチナ人の平和的生存権(平和に生きる権利)を保障するために、国連と各国政府の努力を強く求めます。

◆7.21 STOP!空爆 ~ガザの命を守りたい~キャンドルアクション(東京・明治公園)
ガザの命を守りたい.jpg

続きを読む


イスラエル政府はガザ地区への軍事攻撃を即時停止せよ

【7月20日 AFP】パレスチナ自治政府のユセフ・アブ・リシ(Yussef Abu Rish)保健副大臣は20日、ガザ市(Gaza City)内の病院で記者団に対し、イスラエルがガザ地区(Gaza Strip)への本格的な攻撃を開始した今月8日以降のパレスチナ側の死傷者は、死者が410人、負傷者が少なくとも3020人になったと語った。
救助隊員らによると、20日の犠牲者が特に多かったのはガザ市とイスラエル国境の間にあるシェジャイヤ(Shejaiya)という場所で、前夜からの極めて激しい攻撃で50人以上が死亡したという。(c)AFP

 7月8日に始まったイスラエル軍によるガザへの軍事攻撃により、女性・子どもを含む多数の死傷者が出ています。日本国際ボランティアセンター(JVC)をはじめとする11の国際協力NGO団体は、武力攻撃を即刻停止するよう求める要請文を7月15日に発表しました。(ヒューマンライツナウ、アムネスティ・インターナショナル日本、日本国際ボランティアセンターなど)
 そして、今日7月21日18時30分から東京・明治公園で「7.21 NGO緊急集会とキャンドル・アクション STOP!空爆~ガザの命を守りたい~」が行われます。私も参加しようと思っています。人権に国境はありません。かけがえのない命を守るために、武力によらない紛争の解決を求めて、声を上げ、行動していきましょう。
********************************************************************
「STOP!空爆 ガザの命を守りたい キャンドルアクション」に参加しました。急な呼びかけにも関わらず500人以上が集まり、キャンドルでGAZAの人文字を灯しました。一刻も早くガザへの攻撃が止まるようにとキャンドルに思いを込めて。(JVCのツイッターから写真を転載させていただきました)
BtEIcOdCQAA17jU[1].jpg

続きを読む


人の命よりも大企業の利益を優先する安倍内閣

 しばらくブログの更新をしていませんでしたが、この間に、安倍内閣は、集団的自衛権の行使容認を閣議決定し、九州電力・川内(せんだい)原発の再稼働を推進するなど、国民の命を軽んじる施策をすすめてきました。安倍首相の言う「積極的平和主義」とは、違法・無法な戦争を続けてきた米軍を支援するために自衛隊を海外派兵することであり、国際紛争の解決のために武力を用いるということですから、あきらかに日本国憲法9条に違反しています。そして、アメリカ依存の原発政策=日米安保を基軸とする政治・経済・軍事全般にわたる日本の安全保障政策が、原発の再稼働へと導いています。いずれも、国民の命よりも関連する大企業の利益を優先する現代版「富国強兵」策と言えます。
 戦前、日本国民は、軍国主義の教育と思想統制(弾圧)によって無謀な侵略戦争に動員されていきました。南京大虐殺や「従軍慰安婦」、沖縄集団自決などの史実を隠さずにしっかり見つめ直し、二度と戦争をしないことを私たちは決意し、憲法9条を守りぬかなければなりません。個人の生命や人権よりも、国家の利益(=大企業の利益)を上に置こうとするいかなる行政(内閣)・立法(国会)・司法(裁判所)の動きにも反対します。それは日本国憲法を守り生かすということです。
◆津波と放射能汚染の両方に破壊されたJR富岡駅(2013年12月14日撮影)
20141214富岡駅.jpg



 
タグ:憲法 原発

ベトナム戦争とアレン・ネルソンと9条

 今日、DVD「9条を抱きしめて ~元海兵隊員 アレン・ネルソンが語る戦争と平和」を観ました。企画・制作は、アレン・ネルソン平和プロジェクトです。(2013年、50分)
 いま、安倍政権は「集団的自衛権の行使容認」という、憲法よりも軍事同盟を優先する国政の大転換を行おうとしています。「戦争中毒」と呼ばれるアメリカの軍需産業依存国家の実態を知れば、憲法9条を持つ国の国民として到底容認することはできません。
 アレン・ネルソンさん(2009年3月没・享年61歳)は、1966年に海兵隊員としてベトナム戦争の最前線に派遣され、非人間的な体験に心を蝕まれ、帰還した後は重いPTSD(心的外傷ストレス障害)に苦しみ、治療に18年の歳月を要しました。そんなネルソンさんは、学校で子どもたちに戦争体験を話し、自らの罪を認めることで立ち直りのきっかけを得ます。そして日本で1996年から13年間で1,200回を超える講演活動を行ってきました。DVD「9条を抱きしめて」は、アレン・ネルソンさんの戦争体験と講演活動、憲法9条への思いを収録したドキュメンタリーです。戦争を知らない世代に戦争の本当の恐ろしさを知っていただくためにぜひ観ていただきたいと思い、紹介します。
005.jpg

続きを読む


沖縄-愛と平和と-宮良瑛子展(丸木美術館47周年)

 5月5日、原爆の図で有名な丸木美術館の開館記念日(47周年)の行事があり、私は初めて丸木美術館を訪れました。丸木美術館では、沖縄で戦争や社会の現実に向き合う女性画家・宮良瑛子さんの個展が7月12日まで開催されています。
 順路に従って、2階に上がると、宮良瑛子さんの絵本原画が展示されていました。一つは「湖南丸と沖縄の少年たち」で、1943年12月21日に湖南丸という船が米軍の潜水艦グレイバック号によって雷撃され800人あまりの児童が犠牲になった事件を題材にしたものです。沖縄の海では戦争でたくさんの船が沈み、子どもたちも犠牲になりました。もう一つは、「忘れな石」という作品です。1945年、米軍沖縄上陸の直前、八重山諸島の最南端・波照間島の人々は飼っていた牛や豚を軍隊に皆殺しにされ、西表島に疎開させられました。しかし疎開した多くの子どもたちがマラリアに倒れ亡くなりました。沖縄戦が終わって2か月後に波照間国民学校の校長が「この石を永遠に忘れるなかれ」と痛恨の思いを込めてコツコツ彫り込んだのが「忘勿石」だったというお話です。
 2階の広い部屋と1階に、丸木夫妻(位里さん、俊さん)による『原爆の図』の作品群が展示されています。原爆が投下された広島の現実はまさに地獄絵ですが、丸木夫妻の共同制作で生み出された作品は、生死をさ迷う人にも、亡くなってしまった人にも、確かに生きた証があったことを感じさせます。それは、無惨だと言い捨てることはできない、受け入れがたい死だということを思いました。私が強く印象に残ったのが、「原子野」「少年少女」「母子像」「焼津」「とうろう流し」です。
 1階の宮良瑛子展は、色彩鮮やかな「市の女たち」「七月エイサー」、戦争が残した傷跡を描いた「海底幻影」(1986年)、「転生」(1994年)、「オモニ・幾星霜」(1996年)、現在の基地問題を描いた「美ら島・辺野古」(2005年)、「漂泊の島より-辺野古断章-」(2009年)などの力作が目をひきました。ぜひ多くの人にみていただきたいです。
025.jpg
 この日、午後1時から「開館記念日の集い」、1時30分から外岡秀俊さんによる講演「沖縄の明日 不屈の美 -宮良瑛子さんの展覧会に寄せて」が行われました。
 丸木美術館の入門書としておすすめは、同館で発行・販売している『戦争と平和と美-丸木位里と丸木俊の芸術-』ジョン・W・ダワー著/袖井林二郎訳です。また、同館学芸員・岡村幸宣著『非核芸術案内-核はどう描かれてきたか』岩波ブックレットNo.887も購入して興味深く読みました。

続きを読む


5・3憲法記念日の集い(千葉市)

 5月3日、千葉市文化センターで憲法記念日の集い(主催:千葉県憲法会議・憲法改悪反対千葉県共同センター)が開かれ、500人を大きくこえる参加者が会場を埋めました。
 最初に文化行事で、合唱団プリマベラによる澄んだ歌声を堪能しました。
 記念講演は、森英樹さん(名古屋大学名誉教授)を講師として、「どうなる憲法?どうする憲法!―暴走する改憲・壊憲の矛盾を突く」と題して行われました。
 森英樹さんは、安倍晋三氏が2007年1月の内閣総理大臣施政方針演説で「戦後レジーム」からの脱却を宣言し、憲法を頂点とした行政システム、教育、経済、雇用、国と地方の関係、外交・安全保障などの基本的枠組みを見直すとともに、憲法「改正」にむけて全力で取り組むと述べたことを、彼のホームページに5年前から掲載していることを指摘し、歴代の首相のなかでも日本国憲法を攻撃する姿勢が突出していると述べました。
 日本国憲法は、日本が犯した侵略戦争の反省のうえに、戦争の放棄、基本的人権の尊重、国民主権を柱にしたすべての法律の基本法です。しかし、安倍首相は、「特定秘密保護法」制定に示されるように国民の人権保障よりも国家目的のために人権を制限し、教育の場にも上意下達の「愛国心」教育を押し付け、現憲法下では絶対に認められないとしてきた「集団的自衛権の行使」を容認する憲法解釈をごり押しするなど、日本国憲法を壊す(あって無きものにする)壊憲=暴走政治の道をすすんでいます。
 森氏は、国民の多数が、「戦争する日本」を拒否しているなかで、集団的自衛権の行使を「限定的にする」と誤魔化しながら導入しようとしているその手口に注意を促し、閣議決定だけでは派兵できないので、同盟国(米国)の戦争に派兵するための法律の制定、ガイドラインの改定などが必要になってくると述べました。一方、安倍内閣による靖国神社参拝や従軍慰安婦への軍の関与否定など、侵略戦争を美化し、戦後国際秩序を否定するさまざまな言動を挙げ、国際的に孤立していることを指摘し、第一次安倍内閣の改憲を阻止した「九条の会」などの市民パワー、国民的な運動で改憲・壊憲を阻止することを呼びかけました。
 憲法記念日の集いは、最後に集会アピールを参加者全体で確認して、成功裏に閉会しました。
DSC01493.jpg

続きを読む


タグ:憲法

原発再稼働に反対し続けて・・・

 首都圏反原発連合は、5月2日(金)に100回目の首相官邸前デモ(2012年3月29日から2年以上)を行い、約3000人が参加しました。私は7時過ぎに、桜田門から国会正門前での抗議デモの隊列の横を通って反対側に横断歩道を渡り、“希望のエリア”のデモに参加しました。政府が原発ゼロを決断し、全国の原発を廃炉にして、政府と東電が福島原発事故の被害者を全面救済していれば100回目の官邸前抗議行動はなかったのですが、安倍政権はまったく私たちの願いを踏みにじって、原発の再稼働を行おうとしています。参加者から次々に抗議のスピーチがあり、「原発再稼働反対」「海を汚すな、命を汚すな」「子どもを守れ」「原発なくせ」のコールが続きました。トランペッターの松平晃さん、国会議員の吉良よし子さんもお話しされました。
KIMG0019.JPG
KIMG0022.JPG

続きを読む


タグ:反原発

第85回中央メーデー

 5月1日、東京・代々木公園で第85回中央メーデー集会が行われ、2万7千人が参加しました。
 メインスローガンは、◇安倍「暴走政治」ストップ。憲法がいきる安全・安心社会の実現 ◇すべての労働者の大幅賃上げ。最賃は全国一律1000円以上に。派遣法など労働法制改悪反対。ディーセントワークの実現 ◇消費税大増税・TPP参加反対。被災者が希望のもてる復興。原発ゼロ。社会保障制度の大改悪反対 ◇「戦争ができる国づくり」反対。集団的自衛権の行使容認・改憲反対。特定秘密保護法の廃止。教育の国家統制反対。普天間基地の即時撤去、辺野古新基地建設反対。オスプレイ配備・訓練反対。核兵器の全面禁止を ― です。
 私はとくに、集団的自衛権の行使を容認しようとする安倍政権の暴走を止めなければ、自衛隊員が海外の紛争地で米軍とともに戦争をすることが現実になってしまうこと、国の言いなりになる「愛国心」教育の徹底をはかる教育委員会制度の大改悪を止めなければいけないということを強く思い、メーデー集会とデモ行進に参加しました。
KIMG0011.JPG
20140501-2.jpg

続きを読む


タグ:メーデー

メルトダウン 放射能“大量放出”の真相

 今日(3月16日)、NHKスペシャル「メルトダウン File.4 放射能"大量放出"の真相」を見ました。昨年3月10日に放送された「原子炉“冷却”の死角」に続く福島第一原発事故の検証番組です。
 それを見て私は、2号機の事故で大きな思い違いをしていたことに気付きました。3月11日に私のブログ記事「原発と東日本大震災と放射能汚染」で、「15日の午前0時2分にベントが実施され・・・」と書きましたが、実際にはベント機能が果たされなかったということです。ベントは原子炉の圧力上昇による冷却水注入困難などを解決するために、放射性物質を含む水蒸気を圧力抑制 プール(サプレッションチャンバー)を通して外に放出することです。2号機の建屋が無事だったのは、ベントが行われたためだと思っていましたが、そうではなく別の場所から大量の放射性物質を含む水蒸気が漏れ出したということです。
 2号機について調べ直してみると、政府の事故調査・検証委員会の報告書も、国会の事故調査委員会の報告書も、ベント機能が果たされることはなかったと考えていますが、原子力安全・保安院の報告書「福島第一原子力発電所事故の技術的知見について」には、「ドライウェル(D/W)ベント成功又はPCVからブローアウトパネルを介しての漏えいにより、放射性物質が大量に放出された可能性がある」と記述されていました。※ドライウェルもPCVも「原子炉格納容器」のこと。
 検証番組では、放射性物質の大量放出を防ぐための“最終手段”と位置づけられている「ベント」の思わぬ落とし穴も明らかにされました。圧力抑制 プール(サプチャン)内の水温が上昇すると、放射性物質を含んだ水蒸気が水に戻らずに、大半がそのまま放出してしまうということです。このように福島第一原発は、いくつもの機能不全をおこして、おびただしい量の放射能をまき散らすことになったのです。
002.jpg

原発と東日本大震災と放射能汚染

 今日、3・11東日本大震災から3年目をむかえました。
 私は、世界の貧困や戦争の問題を正面から取り上げているフォトジャーナリズム誌「DAYS JAPAN」の2011年1月号(2010年12月発行)の「浜岡原発 爆発は防げるか」を読んで、地震と津波によって原子力発電所に臨界事故(メルトダウン)が起きることを知り、警鐘を鳴らす必要を感じ、ブログに記事を書きました。
http://s-mituru.blog.so-net.ne.jp/2010-12-21
そして、2011年3月11日の東日本大震災によって恐れていたことが現実になってしまいました。福島第一原発は、電源喪失により原子炉の冷却が不能に陥り、翌日(12日)、1号機が水素爆発を起こし、14日には3号機、15日には4号機の原子炉建屋が爆発しました。建屋が爆発しなかった2号機でも14日の夜には炉心溶融が始まり、15日の午前0時2分にベントが実施され、6時14分に圧力制御室付近で爆発音がありました。大気中に放出された放射性物質は福島県内だけでなく関東地方にも降り注ぎましたが、政府はそのことの重大性を隠してきました。
 DAYS JAPAN 2012年6月号は、「隠される被ばくに立ち向かう」を特集しました。ETV特集「ネットワークでつくられる放射能汚染地図5」に関わったディレスターの手記、チェルノブイリ事故後の子どもたちの病と向き合ってきたベラルーシの母親からのメッセージ「わが子が甲状腺がんを宣告された日」、原爆被爆者の治療を続けてきた肥田舜太郎さんのインタビュー(聞き手・おしどりマコさん)などを掲載し、放射性物質の飛散情報が隠されていたために、半減期が8日と短いヨウ素131による被ばくの実態が把握されていない問題と危険な内部被ばくへの注意を喚起しました。
DAYS2011-12&2012-6.JPG

続きを読む


タグ:Days 原発
メッセージを送る