So-net無料ブログ作成

復興をめぐる二つの道の対決

 9月2日に発足した野田内閣とそれ以前の菅内閣による政治の流れは、財界・大企業の要請に応えて、法人税減税とTPP参加をめざし、国民に対しては大増税を押しつけ、年金などの社会保障を切り捨てるという、大企業の利益優先、「日米同盟」強化の構造改革路線です。
 「復興をめぐる二つの道の対決 - 新自由主義的復興構想から訣別し、民衆的・福祉国家的復興の道を-」は、渡辺治さんが『3.11を生きのびる - 憲法が息づく日本へ』(小森陽一編、かもがわ出版、2011年)に書かれた論文の表題です。この二つの道の対立は、「原発を今後の日本のエネルギー政策で使うのか、それ(原発)をやめた経済、くらしを考えるのかという対立」「復興の財源は…消費税などを中心に考えていくべきなのか、大企業からの負担を主に行うべきなのかという対立」「復興は…『国際競争力ある東北』の創生めざして復興すべきか、それとも、そこで働いていた農業、漁業、地場の産業や営業がふたたび生き生きと活動する『復旧』を主体に考えていくのか、という対立」だと渡辺さんは指摘しています。そして、政府・財界がめざす構造改革の諸課題に対して、「私たちが『ノー』という声を上げれば、事態が動く可能性は十分にある」とのべ、原発再稼働を何としても止め、原発政策を転換させること、消費税引き上げを阻止すること、TPP参加を阻止することを訴えています。
 日米首脳会談で環太平洋連携協定(TPP)への参加にむけた協議入りを表明した野田首相は、15日の参院予算委員会で、アメリカが求めているコメや公的医療保険の自由化について、その可能性を否定しませんでした。http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-11-16/2011111601_01_1.html
 この臨時国会で、野田内閣の姿勢を正し、被災者支援、被災地の復旧・復興を軸にした政治を求め、TPP参加を断念させることがどうしても必要だと思います。3.11大震災でコミュニケーションツールとして注目され普及したツイッターでも、こうした国民の声が大きく広がっています。一人ひとりが声を上げ、行動すれば政治を変えることができると思いますので、がんばりましょう。

nice!(39)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 39

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。